確固たる証拠を集める

職場でいじめを受けている場合に、いじめてくる相手が年上や上司である場合はどう立ち向かえばいいか分からないものである。また、加害者からの評価が下がらないよう、曖昧な立ち位置から嫌がらせを行う人もいる。そのため気づくことができずに、精神的なダメージを受けている人も多い。
まずは証拠となるものを集めていくことが大切なのである。いじめをしてくる人を企業の上司や社長に直接訴えることになった場合、どんなことをされ続けてきたのかを伝えるためにもきちんとした証拠があると説得力につながるのである。自分が嫌だと思ったことを日付と時間帯までしっかり記録をして、ノートに書きとめておくとその日のことを忘れずにきちんと説明することができる。とても小さい作業だが、続けていくことが非常に大切である。
それからいじめをしてくる人に対してこちらから何もいい返さないことも非常に大切だ。何か嫌な思いをしたときにいい返したりやり返したくなるものだが、何もしないことにより一方的に嫌がらせをする相手を不利な状況に追い込めるための証拠がたくさん集まる。決定的な証拠が集まったらいよいよ上司や社長に証拠とともに報告をするといい。それが認められた場合、相手が移動になるか退職を迫られるか、これまでの仕返しがわりに相手を罰することができるのである。行き過ぎたいじめをされた場合はそれが裁判の材料となる場合もあるので、職場でのいじめに苦しんでいる人はまずは証拠集めから始めて、職場を変えられるようにすることが重要だ。